オリジナルのステンシルやテンプレートを作成

Cacooで作ったオリジナルの要素や図を再利用したい時がありますね。嬉しい機能として、Cacooを使えば、図として保存する以外にも、ステンシルやテンプレートとして作成したものを保存して再利用することが可能です。

ステンシルやテンプレートとして保存

  1. 「図の保存」をクリックします。
  2. 次に種類を選択します
    1. ステンシルの場合は「種類」を「通常な図」から「ステンシル」へ切り替えてください。  save_as_stencil_JP.png
    2. テンプレートの場合は「種類」を「通常な図」から「テンプレート」へ切り替えてください。save_as_template_JP.png
    3. 「保存」をクリックします。

図の一覧でステンシルとテンプレートを見つける

ご自分の図の一覧 (https://cacoo.com/diagrams)を開くと、作成したステンシルとテンプレートが図と一緒に並んで表示されているはずです。

Dashboard_All_Files_JP.png

上の画像でも分かるように、テンプレートとステンシル(例えば“Job_Flyer”や“Network_Test”) にはタイトルの横にアイコンがついています。このアイコンはその図がステンシルかテンプレートであることを示しています。

Stencil_Icon_JP.png

Template_Icon_JP.png

アイコンで見分ければ、混乱することなくたくさんの図を分類できます。

ステンシルやテンプレートをフィルター処理する

検索バーをクリックします。

Dashboard_Search_JP.png

Search_Stencil_template_JP.png

検索したい種類を選択すると、テンプレートかステンシルかに絞り込まれた結果が現れます。

ステンシルとテンプレートをエディタで見つける

Cacoo(カクー)で作成したステンシルはステンシルメニュー内の「ユーザー定義ステンシル」というフォルダ内で見つかります。

User_Defined_Stencils_JP.png

オリジナルのステンシルは、他のステンシル全く同じ様に、キャンバスにドラッグ&ドロップすることができます。

同様に、で作成したテンプレートもテンプレートメニュー内の、「ユーザー定義テンプレート」というフォルダ内で見つかります。

User_Defined_Templates_JP.png

テンプレートを選択すると、他のテンプレートと全く同じように、エディター内に現れます。