ヌーラボアカウント

Cacoo for エデュケーションはヌーラボアカウントを使用します。ヌーラボアカウントでユーザや組織の権限、グループが管理できます。

組織のメンバー

Cacoo for エデュケーションを利用するには、組織のメンバーとして参加している必要があります。組織にユーザーを招待するには、組織を選択した状態で https://cacoo.com/diagrams/ を開き、左メニューにある “メンバーを追加” を押します:

Invite_team_members_button_ja.png

注意: 組織の管理者のみこのボタンが表示されます。もし、組織の管理者でもなく、メンバー招待権限もない場合は、組織の管理者にユーザーの招待をご相談ください。

このボタンをクリックすると、新しいウィンドウでヌーラボアカウントの画面を表示します。 まず、メンバーの権限を選択するオプションが表示されます(権限については後述)。メンバーに付与したい権限を選択して「次へ」を押すと、招待したメンバーのメールアドレスを入力する画面になります。招待状をメールで送信するには、“XをY人招待する”ボタンを押します(Xは選択した権限、Yは招待する人数です)。

 

招待されたユーザーは招待状をメールで受け取り、そのメールからヌーラボアカウントの登録を行うこともできます。招待されたユーザーがヌーラボアカウントの登録を行うと、自動的に組織のメンバーとして参加し、すぐにCacoo for エデュケーションを利用できるようになります。

組織内で図を共有するには、ユーザをグループまたはプロジェクトに招待します。

組織内の権限

組織内での操作を制限するため、ユーザごとに異なる権限を設定することができます。これらの権限はヌーラボアカウントページで管理してください。

管理者

ヌーラボアカウントより、管理者は組織にメンバーを招待したり、組織内のメンバーを管理することができます。また、メンバーグループの作成もここで行います。

Cacoo for エデュケーションのスペースでは管理者はプロジェクトや図の管理、プロジェクト作成者の設定を行います。

一般ユーザーについて

一般ユーザーはCacooの組織に参加しているメンバーのうち、管理者権限をもたず、ゲストの制限もないメンバーです。ヌーラボアカウントでは、組織の他のメンバーを確認したり、参加しているグループの他のメンバーを確認したりすることができます。また、一般ユーザーは、グループを作成することもできます。

Cacoo for エデュケーションでは、ユーザーはプロジェクトを通して図を共有できます。プロジェクトの中で、図に対してどういった権限を持つかは、それぞれのプロジェクト内で割り当てられた権限によります。

ゲスト

組織に属していない人を招待する場合、「ゲスト」として招待することをおすすめします。

ヌーラボアカウントでゲストは所属しているグループの他のメンバーを見ることができますが、組織の他のメンバーを見ることはできません。

エデュケーションのスペースではゲストはユーザとほぼ同じ操作が可能ですが、プロジェクト管理者やプロジェクト作成者になることはできません。

組織のグループ

グループを組織内に作成することで複数のメンバーを一括して管理できるようになります。Cacoo for エデュケーションではメンバーを個別にではなくグループをプロジェクトに招待したり、複数メンバーの権限を一度に変更することができます。グループは複数のプロジェクトで指定が可能なため、ある特定のグループに加わった組織のメンバーはそのグループがメンバーとして指定されたすべてのプロジェクトのメンバーとなります。グループを使うことで組織の図の共有が簡単になります。