[1] メインメニュー

図形

新しい図形を追加します。

テキスト

新しいテキストを追加します。

ライン

新しい線を追加します。

メニュー横の矢印をクリックすると、追加する線の種類を選ぶことができます。

テーブル

テーブル(表組の図形)を追加します。

挿入

画像ファイルなどを追加します。メニューをクリックした後で、挿入方法や取り込むファイルなどを選ぶことができます。

テンプレート

テンプレートを図に適用します。メニューをクリックすると、適用するテンプレートを選択するダイアログが表示されます。

[2] ツールバー

元に戻す

最後の編集内容を戻します。

やり直す

最後の「元に戻す」で戻された操作をやり直します。

複製

選択中のオブジェクトを複製します。

切り取り

選択中のオブジェクトを削除し、「貼り付け」で追加できるようにクリップボードに保持します。

コピー

選択中のオブジェクトを「貼り付け」で追加できるようにクリップボードに保持します。

貼り付け

「切り取り」または「コピー」したオブジェクトを追加します。

スタイルのコピー

テキストの書式や、塗り、線、影などのスタイルのみを別のオブジェクトに適用します。

グループ

選択中の複数のオブジェクトを一つの要素にまとめます。グループにオブジェクトをまとめると、編集操作もまとめて適用されるようになります。

[3] オブジェクト設定ツール

塗り

選択中のオブジェクトに、塗りの色や不透明度を設定します。

選択中のオブジェクトの線を設定します。線の太さ、色、スタイル、始点と終点の形状、種類を設定できます。
始点と終点の形、種類は、ラインオブジェクトでのみ設定できます。

選択中のオブジェクトの、影の色や不透明度、ぼかし、背景の描画される場所を設定します。

配置

選択しているオブジェクトの配置場所を設定します。
「前面へ」「最前面へ」「背面へ」「最背面へ」をクリックすると、オブジェクト同士の重なり順を変更します。
「反転」をクリックすると、オブジェクトの描画方向を変更します。
「整列」をクリックすると、選択中の複数のオブジェクトを並べて配置します。
「間隔」をクリックすると、選択中の複数(3つ以上)のオブジェクトを等間隔に配置します。

書式

選択中のオブジェクトの、フォントやフォントサイズ、色、スタイル、行間、方向などのテキストの書式を設定します。

リンク

選択中のオブジェクトにリンクを設定します。
リンクには、ほかのシートに切り替えるものと、URLに指定したウェブページを開くものが設定できます。

スタイル

選択中のオブジェクトに、あらかじめ用意されたスタイルを適用します。

位置

選択中のオブジェクトの、位置や大きさを設定します。

カスタム属性

選択中のオブジェクトに、任意の属性(名前と値のペア)の情報を追加します。
カスタム属性は、Cacooを使ったアプリケーションの開発者が利用するAPIの結果から参照できます。

リサイズ

グループオブジェクトの中の子オブジェクトの配置場所のルールを設定します。
子オブジェクトを選択するには、選択中のオブジェクトをもう一度クリックします。

[4] トップナビゲーション

図のタイトル

図のタイトルは、クリックすることで変更できます。

図の種別

オリジナルのステンシルやテンプレートを作って他の図の編集時に再利用したい場合は、図の種別を変更します。

ステンシルやテンプレートの更新

図の種別でステンシルやテンプレートを選んでから、上記のボタンをクリックするとステンシルやテンプレートを更新できます。

お気に入り

星印をクリックして有効にすると、ダッシュボードの「おきに入り」の一覧からすぐに図を見つけることができます。

フォルダ選択

フォルダ選択の一覧から、図が格納されているフォルダを変更できます。

コピーを作成

フォルダ一覧の一番下のメニューで、図のコピーを作成できます。

[5] シートパネル

Cacooの一つの図は、複数のシートで構成されます。
シートパネルで、図に含まれるシートの選択を切り替えたりできます。

シートの追加

[+シート追加] ボタンを押すと、空白のシートを図に追加します。

シートの選択

シートのサムネイルをクリックすると、そのシートの内容がエディタに表示されて編集できるようになります。

シートの順番変更

シートのサムネイルをドラッグアンドドロップして、シートの順番を変更できます。

シート名の変更

サムネイルの下のシート名の部分をクリックすると、シート名を変更できます。

シートのコピー

サムネイル右上のメニューから、シートを複製を図に追加できます。

シートの削除

サムネイル右上のメニューから、シートを削除できます。

[6] コラボレーションツール

スライドショー

プレゼンテーションなどに適した、スライドショー表示に切り替えます。

印刷

このメニューで表示されるダイアログからCacooの図を印刷できます。
図に使用したままのフォントでPDFを出力したい場合、この印刷メニューから、ブラウザやPCの機能を使ってPDFを保存してください。

エクスポート

エクスポートメニューから、図を他のファイル形式にエクスポートして保存できます。
フリープランの場合はPNGのみ利用できます。有料プランの場合は、すべての形式が利用できます。

共有

共有メニューから表示されうダイアログで、図の共有設定を変更できます。
プライベートで作成し、共有フォルダに入っていない図については、ここから共有したいユーザーのメールアドレスを入力して、図に招待することができます。
図のURLのリンクを知っているユーザー全員が閲覧可能もしくは編集可能になるよう設定することもできます。

履歴

履歴メニューでは、任意の時点の図の内容をバージョンとして保持し、後から参照することができます。
この機能は、有料プランでのみ利用できます。

[7] 図の設定バー

注釈を追加

注釈を使うと、シートの中の好きな場所にテキストの注釈コメントを追加できます。注釈コメントに対しては返信することもでき、各注釈コメントで他のユーザーとの会話内容を残すことができます。

左上のポイントをドラッグすると、注釈コメントを移動できます。

表示 (非表示)

表示 (非表示)をクリックすると、注釈コメントの表示を切り替えることができます。

シートサイズ

図の初期設定では、シートサイズは「フリーサイズ」が設定されてます。固定したサイズで図を作成したい場合は、シートサイズを変更できます。

例えば、プレゼンテーションで利用する図の場合、シートサイズをプロジェクターの画面サイズに合わせたシートサイズに設定しておくことができます。

背景シート

背景シートを指定すると、現在のシートの背景として、別のシートを重ねて表示させることができます。
ひとつのシートを複数の背景シートとして設定することもできます。その場合、その背景シートの内容を更新すると、そのシートを背景として設定している他のシートの表示も更新されます。

ズーム

図の表示内容を拡大したり縮小したりできます。

ビューメニュー

グリッド

グリッド線の表示・非表示を切り替えます。

グリッドにスナップ

オブジェクトの移動時、グリッド線にスナップするか、近くのオブジェクトの配置にスナップするかを切り替えます。

サポート

ショートカット

エディタで利用可能なキーボードショートカットの一覧を表示します。

ヘルプリンク

このドキュメントを開きます。