線の作成

図形との接続

線の作成

線ツールはエディターの左側のメニューにあります。

 

線ツールをクリックすると自動的に直線が選択されますが、矢印をクリックすると他の種類が表示されます。

線の種類を選択した後、マウスカーソルが十字に変わりドラッグすることでシート上に線を描くことができます。

水平や垂直もしくは斜めに直線を揃えるには、Shift キーを押しながらドラッグします。

フリーハンド以外の線を描いている途中に Shift キーを押しながら、上向き、下向きもしくは横向きにドラッグすると、垂直、水平に整列した線が描けます。

 

 

描きたい線の選択時に、線のスタイルのポップアップメニューが表示され、線の太さ、種類、始点と終点のスタイル(矢印など)を指定して線を描くことができます。

線の作成後にこのメニューを表示したい場合、ツールバーの「線」アイコンをクリックします。

 

曲線と自動線の曲率は線を選択した時に表示される四角形の制御点をクリックすることで調整することができます。

自動直線と自動曲線は中央の四角形をドラッグして調整することができます。

図形との接続

図形テキストといったオブジェクトに線を接続させるには線の端点をオブジェクトに向かってドラッグすると黄色くなります。

オブジェクトが図形の場合、図形のアンカーポイントがハイライト色になり、線を接続できる図形内の点であることを示します。 

線が接続されるアンカーポイントは赤色になります。

テキストボックスに接続する場合、接続点は表示されません。線は自動的にテキストボックスに近い所に接続されます。

線が接続された後はオブジェクトを移動すると、線も移動します。 

ヒント: 線はアンカーポイントへ自動的に接続されます。無効にしたい場合は ドラッグ中にCtrl キー(Command キー)を押してください。オブジェクトを動かしたとき、線の位置が修正されないことに注意してください。

関連記事

線のスタイル

 

2018年6月27日以前のエディターついては以下を参照してください。
https://support.cacoo.com/hc/ja/articles/212778448