AWS構成図の機能を使うと、AWS(Amazon Web Services)上のサーバーの構成図を図に自動で挿入することができます。
AWS構成図は、左側メニューの「挿入」から利用できます。

メニューから「AWS構成図」をクリックします。

2つの連携方法をポップアップのタブから選べます。

  • Cacooからのアクセスのみを許可するIAMロールを設定しロールARNを入力する
  • Access Key IDとSecret Access Keyを入力する

IAMロールを設定しロールARNを入力する

画面の情報に従って、IAMロールを作成します。

(IAMロールの作成方法についてはこちらを参照ください。ただし「MFA が必要」オプションは設定してはいけません。)

作成したロールARNを入力します。

※入力されたロールARNは、Cacoo内のデータベースをはじめ、いかなる箇所にも保存されません。

Access Key ID, Secret Access Key を入力する

AWS構成図を使うには、事前に権限を持ったIAMユーザーを登録する必要があります。
詳しくはこちらを参照ください。

最初に表示されるダイアログの設定に記述されているポリシーを持ったIAMユーザーを作成、もしくは既存のIAMユーザーに権限を付与します。

先ほど作成したIAMユーザーのアクセスキーを入力してください。

※入力されたアクセスキーID、シークレットアクセスキーはCacoo内のデータベースをはじめ、いかなる箇所にも保存されません。

構成図を挿入したいリージョンを指定し、「配置の設定」にて線をつけるかどうかを指定します。

「OK」を押すと与えられた情報に従って、AWSの構成図を編集中の図に自動で挿入します。