組織のメンバーで誰がCacooを利用できるかを管理するには、右上のグローバルメニューから「全てのメンバー」を選びます。

このページでは、組織に所属する全てのチームとメンバーを参照できます。組織の管理者は、個々のユーザーのCacooの利用を有効にしたり無効にしたりできます。

利用申請

もし管理者が利用を許可していない場合、ユーザーは、自分のアカウントが利用できないというメッセージを受け取ります。

 

その場合、ユーザーは組織の管理者に自分のアカウントを有効にするよう申請することができます。

 

利用申請メールの受信

ユーザーが利用申請を行うと、組織の管理者はその要求をメールで受け取ります。

 

利用申請の通知

組織の管理者は、利用申請を通知でも受け取れます。通知は、Cacooの画面上で右上のグローバルバーから確認できます。

 

プラン上限に達した場合

Cacooチームプランのユーザー数の上限に達した場合、Cacooのプランの制限についてのメッセ―が表示されるので、ユーザーの管理もしくはプランのアップグレードを行う必要があります。

 

メンバー管理で不要なメンバーを利用不可に設定することで、Cacooの利用を継続することができます。

もしくは、メンバー数の上限を緩和するためにプランをアップグレードしてください。

 

自分自身のアカウントの設定について

組織の管理者は、すべてのメンバーの有効・無効を設定できますが、自分自身を無効に設定することはできず、他の組織の管理者により設定を変更してもらう必要があります。